スポンサーサイト

当ブログ運営者の私も無料で便利なツールなので、予想データの保管や管理用として利用しております。
無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生賞…半世紀にわたって名馬を育んできたクラシック前哨戦!

当ブログ運営者の私も無料で便利なツールなので、予想データの保管や管理用として利用しております。
無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

みなさん、おはようございます(^^)v

昨日のチューリップ賞は惜しくも予想外の展開となりましたが、オーシャンステークスは推奨馬が堂々の走りで期待通りの展開になってくれましたね♪

さぁ、本日は大注目の弥生賞です。

1964年に創設された弥生賞は、クラシック戦線における代表的なトライアルレースのひとつ。
過去10年の優勝馬に限っても、2005年のディープインパクト(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)、2009年のロジユニヴァース(日本ダービー)、2010年のヴィクトワールピサ(皐月賞)と3頭がクラシックを制覇。
また、2003年6着のザッツザプレンティ(菊花賞)、2008年4着のキャプテントゥーレ(皐月賞)など、弥生賞で敗れた後にビッグタイトルを射止めた馬も少なくない。
他にも、2011年の優勝馬サダムパテックは翌年秋にマイルチャンピオンシップを制覇しており、将来の4歳以上GI 戦線を展望するうえでも見逃せない一戦と言えます。

昨日のチューリップ賞の汚名返上をと気合を入れて徹底戦略を立てましたので特別戦3鞍の情報を公開します!!

中山11R弥生賞
中山10R上総ステークス
中山9R潮来特別

独自のルートで知り得た絶好調&最強の注目馬は…メルマガで!!

大穴!有力馬の厳選情報を
無料メルマガを受取るアドレスをご入力して下さい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


免責事項※必ずお読み下さい※
当ブログまたそれらに付随するメルマガ等の情報につきましては、あくまで個人見解の記載です。

これらの記事は馬券購入の斡旋や推奨ではありません。この情報において読者に不利益が生じても一切の責任は負えませんので予めご了承下さい。

また必ず馬券購入に伴うリスクについては再度ご確認したうえで、最終的判断はご自身でご判断下さい。
リンク
↓メールアドレスをご入力下さい↓


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。